セフレにしたい人の連絡先を個人的に聞く方法

やっとここまで来ましたね。
ラインなどの連絡先を聞く方法です。
エッチするためには必ずしも必要ではないと思います。連絡などで消費するポイントが半端ないですが。
そう考えると、経済的な観点から必要でしょうね。
ちなみに連絡先交換は、4通から10通くらいのメールのやり取りからタイミングを見計らって男性が聞いてください。
それが男性が役割というものです。
逆に私は女性が連絡先を要求してきたら、業者と判断し無視リスト入りです。
なぜか女性のサイト利用は無料です。しかもメールのやり取りがサイトを通して行われるので、安全性もしっかりしています。
つまり、女性がサイトを通さないでやり取りするメリットが何もないんです。
男性の連絡先を聞く必要がないのです。
男性はポイント節約できる大きなメリットがあるので連絡先を聞いてきます。
女性はメリットがありません。にも関わらず連絡先を聞くということは、思惑が必ずあるのです。
また、これは女とやれるステップが着実に進んでいる判断材料になります。
女性が連絡先の交換を承諾してくれたなら、少なくても嫌われていません。一定の信頼はされていると判断できます。
そのままエッチすることを目標に気持ちを育んでください。
連絡を拒否されたら、信用はされていません。時間とポイントの無駄ですから、さっさと諦め、反省を生かしつつ、次のお相手を見つけましょう。
最後に1通目から女性に連絡先の交換要求するとすぐに嫌われますので、やれるという夢は儚く散ることをお伝えしておきます。
次はやるための関門デートの誘い方です。