メアド交換に繋げるための3つの心得

出会い系サイトで女性の本アドレスを聞きだすのはなかなか大変です。
というのも、出会い系サイトでは、一人の女性に対して男性から送られるメールは10ではなく100以上なのです。
ですからその100のメールのなかから自分を選んで貰うことは、とても大変で、それこそ並み以上の努力が必要です。
ですがご安心ください。
重要な3つのポイントさえ押さえておけば、難易度はグッと下がります。
まずはじめに、肝心なのはファーストメールでの選別に残る様にすることです。
その為には、誰もが使うようなありきたりな件名は避け、女性が興味を引くようなタイトルにするようにしましょう。
どんなに本文が良くても、最初の段階で見られなければ終わりです。
メールのタイトルは特に慎重に決めましょう。
返信があった場合「お互いの共通の趣味や何気ない世間話の合間に、さり気なく自己アピールと質問」を混ぜてかきましょう。
この配分は難しいですが、重要なポイントです。
世間話ばかりだと、楽しいけれど相手のことが分からず、うわべだけの関係となってしまいます。
そのままフェードアウトしてもおかしくありません。
また、自分の事ばかりは相手に嫌われます。
「自己アピールのしすぎはダメだ」と頭では分かっている男性は多いようですが、ついついやりすぎてしまいがちです。
質問をするのも、越えてはいけないラインがあり、それを越えると気持ち悪がられますし、捉え方によっては「自分の事は何も言わず、私の事ばかり聞いてくるズルい男」と思われてしまいます。
つまり、「共通の話題」「自己アピール」「相手への質問」この3つをバランス良く書いたメールを送ることで、返信率は上るということです。